真面目系クズに医学的な面から切り込む

スポンサーリンク

医学的とか言ってるけど、俺専門じゃないからあんまバッシングとかナシね。たのむよ。医学的のもっと柔らかい言い方無い?
今回記事に書く内容は、以前紹介した本にちゃんと書いてあるから、本格的に知りたい人はそっち見てね。

「内向型を強みにする」-真面目系クズにとって気付きになる本じゃないか?

2015.07.13

真面目系クズ=副交感神経優位&内向型&思考回路が長い

今回はシンプルにいきます!

副交感神経優位な人

赤いの私

  • どちらかというと色白
  • ふっくら・ぽっちゃり型
  • 身体はあまり冷えない
  • 少し動くだけで疲れる
  • 動きはゆったりしている
  • どちらかというとアレルギー体質
  • 下痢しがち
  • あまり無理せずあっさり型
  • おっとりしていて穏やか
  • 他人の目が気になる
  • あまり悩みはない
  • 静かで落ち着いている
  • 食事の時間は長い
  • 野菜やあっさりしたものを好む
  • 甘いものより辛いものがすき
  • 入浴は湯船にゆっくりつかる
  • 薬は出来るだけ飲まない
  • 忙しい生活は避けたい
  • 睡眠は十分にとっている

引用元です
http://www.excefk.com/smp/03taishitsu_jiritsusinkei-type.html

内向型

何によって活力を得るか?
先に外向型の人が何によって活力を得るか述べると、人、活動、場所など、外の世界から。
内向型の人は、アイデア、印象、感情、読書など、自分の内からエネルギーを得る。

外からの刺激に弱い

  • 人と接すると消耗する
  • こまめな休憩が必要。一人になったり、トイレに逃げ込むなど。

思考回路が長い

  • 外向型の人に比べ、脳内伝達物質の移動距離が長いため、思考速度に差がある。
  • ポンポンポン言葉が出てくる人に比べ、自分は言葉が出てこない…と感じるのもこのため。
  • 会話している時に、自分が発言しようとしたら、もうその話は終わっていた…と言う事があるのもこのため。
  • 睡眠中に記憶や思考整理されるので、睡眠時間を大事にしたほうが良い。

まとめ

真面目系クズの特徴と副交感神経優位型、内向型の特徴は一致していると思うんだよね。 過去記事でまじめ系クズの概要があるので、そっちも見てね。

で、勢い任せに乱暴に切り込んでしまうと、真面目系クズになるべくしてなったという事なんじゃないかと思っています。真面目系クズになる運命やったんや!
だから極端な話、そういう体の作りになっちゃってるから、治んないし、受け入れるしか無い。
けど、やっと敵の正体がつかめた。対策は打てる。ちょっとは今の辛さが楽になるんなら、いろいろやってみよう!俺いまここ。

スポンサーリンク



ABOUTこの記事をかいた人

jyakoten

好きなことで生活を目指すアラサーのじゃこてんと申します!このブログは身の回りに起きた事や興味のあること、好きなことで稼いだ事例などいろんな事を書いていく雑記ブログになります!