【営業初心者】安易な値下げは相手を怒らす

スポンサーリンク

はっきり言って営業なんか嫌で嫌でしょうがない。営業なんかしたってな、結局買うかどうか決めんのはお客よ?買いたくもねぇもん勧めたところで気分を害するだけでしょ?そんな仕事なんかぜってーやんねーわ!

いつの間にか技術職からセールスエンジニアにすり替わっていた!!

って思ってたのにさ、営業が無いような職種(技術職)で入ったのにさ、
いつの間にかセールスエンジニアなんつー横文字で書けばかっこつくっしょ!みたいな職種にすり替わっていた…修理も営業もやって、どっちかって言うと営業の数字を重視されるお仕事ですwww

自分の適性、性格、営業という仕事に対する先入観、俺の全てが「営業」に対してアンマッチなんだが、まぁ、やるしかないわけ…辞めるわけにもいかないんですよねぇ…辛いなぁ…

お客さんを激おこにさせたったwww

んで、最近お客さんとこに商談行って、やらかしちゃったんですよね(*ノω・*)テヘ

状況としては、

  1. 結構長い付き合いのあるお客さんで、ずっとウチの製品を使ってくれている。
  2. 俺のリサーチ不足もあり、その点見過ごしていた。(ポジユーザーということは認識していた)
  3. 新しい商品を案内し、金額を決める段階

商談を進めていく中で、まぁやっぱり高いだの、おたくとは長い付き合いじゃないの~とか言ってくる。めんどくさ。たかだか10万ぐらいの商品なんだけどさ。

そんでもう、向こうが「安くなんない?」ってはっきり言ってきたわ。
「これ定価でしょ?」というセリフもじわじわくるよね、付き合い長いのにウチに対して定価で出すんだ~ふーん…付き合い長いのにね…みたいな。くそが。安くしないと失礼かなみたいな気持ちになってくるわ。

俺としても実績がすぐ欲しいし、こんなしょっぱい商談さっさと終わらせたいと思っていた。
だから、「じゃあ明日までに返事くれれば7万にします」って言ったのよ。

そしたら急に顔つき変わってさ、
「ハァ~!?だったら最初から7万で出せよ!
足元見やがって、こっちが渋らなかったら定価で売るつもりだったんだろ!?
おたくとは付き合い長いんだからそんな駆け引きはいらないの!!」

・・・・・・・・・・・

なんかすごい怒られたwww
(草生えてるけど、当時はすごいへこんだよ)

何がいけなかった?

後で商談聞いてた人が、「アンタ商売下手だねぇ、いくらなんでもガツンと下げ過ぎ。2千円とか3千円とか端数切り落とすぐらいからやらないと、あれは誰でも怒るよ^_^」
って教えてくれた。

大幅に下げてラッキーって思ってくれるパターンもあるし、逆に怒らせる場合もある。
少しずつ下げるのが妥当なのかな。

営業初心者のみんな!こういう事もあるから気をつけてくれ!

あ、とりあえずこの商談は7万で成立しましたwww

(営業って苦手…)

スポンサーリンク



ABOUTこの記事をかいた人

jyakoten

好きなことで生活を目指すアラサーのじゃこてんと申します!このブログは身の回りに起きた事や興味のあること、好きなことで稼いだ事例などいろんな事を書いていく雑記ブログになります!